加藤ファームは、エコファーマーの認定を受けています。消費者の皆さんの食を守る責任として、安心・安全な生産への取り組み、地産地消を基本として、すべての資源を無駄にしない循環農業を家族で目指しています。

あがらい~~ん。

宮城仙台の食の台所、岩切今市(いわきりいまいち)地区で農業を営んでいます。 七北田川を水系とする地帯で土にこだわり、水にこだわり、一つぶ一つぶ心を込めて大切に育てています。

お米を中心に営んでいますが、中でも宮城米「たきたて」の栽培では、れんげ草を緑肥として化学肥料をほとんど使用しないで栽培しており、農薬散布も基準の半分以下の環境保全米です。モチモチ感のある米で、自慢のお奨めする逸品です。

 れんげ草の圃場
レンゲの田んぼ レンゲの田んぼ レンゲの田んぼ

 レンゲ米
たきたては、宮城県古川農業試験場が生み出した品種で、平成13年に宮城県の推奨米として認定された低アミロ-スの米。デンプンのアミロースの割合が少ないと粘りが強いご飯になり、逆にアミロースの割合が多いと粘りが少ないご飯になります。
たきたてをおいしく炊く方法は、水加減を通常の15%程度少なめです。

 耕土を愛し、自然に感謝

農業は、毎年同じ作業を繰り返していると思われがちですが、そうではなく、土の具合を診察し自然の振る舞いを肌で感じることが必要で、その環境で一番最適な作業方法を考えながら取り組んでいます。土づくりを基本として、近年の異常気象対策などエコファーマーとしての役割は重責と考えています。